ECサイトを活用しよう!

ネット上で商品を販売するウェブサービス、通称ECサイト。その魅力はネットでの買い物が当たり前となった現在、店舗販売よりも多くの顧客を集客し、効率よく販売できる大変便利なツールであることではないでしょうか。お店ではコストがかかる。より多くの人に販売できる機会を増やしたいと思いECサイトを始めた方も多いでしょう。しかし、直接販売とは異なり、なかなかうまく自社の製品の魅力を伝えるのは難しいもの。しかし、ECサイトに特化し莫大な売り上げを上げている会社もあります。それらのサイトにはいくつかの共通点があり、それらを一つ一つ実行しているかで売り上げや閲覧数は大きく変わってくるのではないでしょうか。

必ず守っておきたいポイント

まずネットと実店舗の大きな違いは何でしょうか?それは商品を実際に触れたり見たりすることができるかどうかです。ネットではその商品を購入するかどうか判断する際の大きなポイントはやはり写真でしょう。この実際に掲載する写真を綺麗に載せるかどうかでそのサイト全体のイメージが大きく変わります。特に最初にサイトに入った際、トップに映る商品の写真は力を入れた方がいいでしょう。その商品の写真の良し悪しでそのままそのサイトで閲覧するか、そのまま他のサイトに映ってしまうかの最初の分岐点になります。写真を載せる際注意しておきたいのは、その写真から、購入後のイメージをわかせることができるかです。例えば洋服などの場合はマネキンの写真よりも実際にモデルなどが来た写真の方がイメージがしやすいですよね。このように単調に写真を載せるか、一工夫させるかどうかはイメージに大きく関わってきます。

情報はいろんな面から伝える!

しかし、写真だけではお客さんはその商品を買うまでには至らないかもしれません。その商品が本当にいいものなのか、また、商品が安全に届くのだろうかなど、より確信を得るための情報が必要になります。特に人は第三者からの情報を信頼するものです。その商品のレビューを載せる機能を付けることはとても役に立ちます。なぜなら、その商品が安全に届く事、また、その商品の情報やイメージなどがダイレクトに伝わるからです。お客さんにより、深い情報を知ってもらうためにもぜひ、レビューなどのリコメンド機能はつけておきたいところですね。そういった機能のほかにもそのサイトの使いやすさ(検索や注文のしやすさなど)を高めることも大切でしょう。ECサイトはネットが当たり前となった現在、これからも広がっていくビジネススタイルといえます。今後そういった社会のニーズに応えるためにもぜひ、ECサイトを活用していきたいですね。

ecサイト構築には専門的な知識が必要となるため、専門の業者に依頼し、適切に制作してもらうことが重要になります。