ネット上でも個人間で直接取引が可能

日本円やアメリカドルは、ネット上で誰かに渡そうと思うと、銀行を介して取引を行わなければなりませんよね。振り込みをすると、どうしても手数料がかかってしまいます。ビットコインなら、銀行を介する必要がないので、直接個人間でお金のやり取りができるわけです。これは何がいいかというと、どこにも記録が残らない点がいいのです。さらに、もちろん手数料がかかりませんから損をしません。きちんと一定額をそのまま相手に渡せます。

外国との取引も単一通貨で済ませられる

国によって通貨が違いますから、外国の人とお金のやりとりをするなら、両替をしなければなりません。両替にはコストもかかりますし、何よりも面倒です。しかも為替が影響してくるので、取引をするタイミングによっては得をしたり損をしたりということが出てきます。ビットコインなら、そうしたデメリットはほとんどなくせます。なぜなら、世界中のどこの国にいる人とでも同じ通貨で取引ができるからです。もちろん特定通貨に換金するときには為替が影響しますが、ビットコイン同士なら世界中同じ値段で取引可能です。

万が一のときにも資産が守れる可能性がある

世界不況がやってきて、預金封鎖がされるような状況になったとしても、ビットコインなら預金封鎖の影響をまったく受けずに済みます。なぜなら、どこかの銀行が管理しているわけではないからです。銀行役は自分自身になるので、万が一のときにも資産を守れる可能性が高いです。しかも、ハイパーインフレのような事態に陥ったとしても、ビットコインなら影響が薄いはずです。なぜなら、ビットコインは世界通貨であって一国のインフレがほぼ影響しないからです。

ビットコインは、国内でも流通している架空通貨のひとつとして位置付けられており、現在では様々な方面からの注目が集まっています。