そもそも誹謗中傷って何?

誹謗中傷とセットでよく使われますが、実は誹謗と中傷では意味合いが異なります。誹謗とは、対象をそしりけなすこと、中傷とは根拠もなく悪口を言うということです。つまり、セットで使う場合には、根拠のある場合とない場合の両方を指して使っているのですね。誹謗中傷は名誉棄損罪じゃないの?と思う方もいるかもしれません。では、どのような条件を満たせば名誉棄損に該当するのでしょう。刑法第230条第1項では、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する」と定めています。「その事実の有無にかかわらず」とありますので、内容の真偽は問われません。「事実の適示」が無い場合には、侮辱罪が該当する可能性があります。また、「適示された事実」が公共の利害に関するもの、かつ真実であると証明もしくは真実であると信じる相当な理由があり、公益を図る必要がある場合には、罪に問うことが出来ません。

とにかく止めさせたいだけなんだけどという時には

一番問題になるのは、ネットでの誹謗中傷ですよね。簡単に閲覧可能なうえに、情報が簡単に拡散してしまいます。個人でサイトの管理者に削除依頼を出すという手段もありますが、時間と手間がかかります。現在では、このような事態に対処するため、削除を代行してくれる業者が存在します。常時誹謗中傷記事の削除を行っているプロですので、その処理スピード・量が優れているので、頼んでみるのもひとつの手段です。企業の場合、誹謗中傷によって応募人員が減ったり、商品が売れなくなったり、来客数が減るなど、経済的損失が多いので、対策をすることによる経済効果と、対策にかかるコストを検証してみるとよいかもしれません。

悪質な場合には、さらなる専門家に頼もう!

誹謗中傷の中でも、悪質な場合には、同じ人が繰り返し何度も罵詈雑言をまき散らすようなケースも存在します。そのような時には、弁護士に依頼することをお勧めします。刑事罰としての側面では、名誉棄損罪もしくは侮辱罪として成立するよう証拠を集める段階でも相談しておくと、警察や検察でも動きやすいです。また、民事としての側面では、損害賠償請求を依頼することができます。悪質なものをしっかり叩いておくことは、似たような事例が多発することを抑止するのにも繋がります。相談するだけでも参考になると思いますよ。

2ちゃんねる削除は依頼する事が可能となっており、管理人に削除依頼する事で、書込みを削除してもらう事が出来ます。