まずは風評被害の性質を知る

風評被害の発生は、まるで自然災害のように突拍子もなく起きるものです。同業他社の不正が発覚した時に、何の根拠もなく同じことをしているのではないかと想像されたり、何者かが書き込んだデマが広がってしまったりと、実に簡単で単純です。ただ、それによって受ける被害は大きく、経営に大きなダメージを与えてしまいます。風評被害は簡単に発生するものの、簡単に収束させることができない厄介なものであるという認識が重要です。

専門の業者の力を借りる

風評被害の対策を仕事としている業者に頼むことは有効です。会社の名前を検索した時に同時にネガティブなワードが出てくると不利益です。例えば食品会社を検索して同時に「不味い」というワードが出てきたとしたら、閲覧した人は何となくここの食品は不味いんだなと判断してしまいますよね。風評被害対策の業者は、この不味いというワードが出てこないように設定するのです。他にも誹謗中傷コメントが出てこないように防御するなどして悪いイメージを抱かれないようにします。

最終的には真摯な経営であるかどうか

万が一実際に悪いことをしているのであれば、どこかで悪い噂が出ても何も言えません。最終的に鍵になるのは、自分たちは確実に真摯な経営をしているというアピールができるかどうかです。風評とは根も葉もない噂なのですから、自分たちがしっかりと根拠を示すことができれば問題はないのです。言わせておけば良いというような態度を取り続けていると、風評が現実味を帯びてしまいますので徹底的に向き合うことが重要です。いかがでしたか?風評被害はひどいものですが、真摯な態度や業者の力で乗り越えることができます。

風評被害対策は、遅れてしまうと大変なことになります。ネット上では噂はどんどん拡散していくので、時間が経つほど火消しが大変になります。早めに対応することが大切です。