不具合発生時にいつでも対処

ネットワーク監視サービスはサーバのセキュリティ対策や安全な管理のためには必要なサービスです。ネットワークの状態を常に外部サーバより監視状態にしておくことによって、安全にネットワークサーバがサービス提供を継続することが可能となります。万が一サーバがダウンしてしまいサービス提供が継続できない状態になってしまったとしても、瞬時に携帯メールへと連絡が転送される仕組みとなっています。サーバがダウンした時にすぐに機能修正が可能となるのです。

監視することでウイルス対策にも有効

外部ネットワークから自分が管理しているネットワークサーバの状態を監視することによって、万が一サーバがウイルスに感染してしまって乗っ取られたとしてもすぐに復旧作業を行なう事が可能となります。復旧作業のためには、サーバがウイルスに乗っ取られてしまった場合にはまずサーバ自体を管理者が操作できる状態にしなければいけません。サーバが操作できない状態では、ウイルスの駆除を行う事もできなくなってしまうからです。こうした理由からも、迅速な発見が大切になります。

不備があった場合にはメールで通報

ネットワーク監視サービスに加入していることによって安心感を得る事ができるポイントとしては、万が一の場合、直ぐにメールで管理者へと自動的に連絡を行ってくれる事が挙げられます。サービス加入を行うと、外部ネットワークのサーバが指定のサーバを常に監視状態において、不備があった場合にメールが管理者へと送信される仕組みになっています。24時間無休でサポートされていることから、万が一の時にも被害拡大を最小限に防ぎ安全な管理が可能となるのです。

コンフィグ管理を行う際に気をつけることは、必ずバックアップをとっておくことです。バージョンアップの際にコンフィグに不具合があってもファイルのバックアップがあれば前の状態に戻すことができます。